パスワード管理ツールを活用しよう(KeePass)

Google、Facebook、twitterなどなど、ネットサービスを利用するには常にIDとパスワードが必要です。全部のサービスに同じパスワードを使い回すような人はいないと信じたいですが現実はそうでもないですよね。忘れてしまうぐらいならそこそこ複雑なパスワードを使い回す方がいいやと考えてしまう気持ちも痛いほどわかります。しかしこれはとても危険な行為ですので、パスワード管理ツールを使って改善しましょう。

特に企業内イントラネットに多いかと思います。筆者の知る限り、企業内のイントラネットには複数の連携していないサービスが存在し、それぞれIDとパスワードが異なることがあります。未だに定期更新を強いられるなど古い世界観が色濃く残る場所でもありますので、もういっそのことセキュアレベルは低くてもいいのかもしれないですが、きちんと管理する癖をつけることが望ましいです。

筆者も愛用しているパスワード管理ツールは KeePass Password Safe というものをご紹介します。

keepass

KeePassはAESによる暗号化や、強度の高いパスワードの自動生成機能など、パスワード管理ツールに必要とされる機能は当然のように一通り備えています。

しかし最大の特徴はそのデータファイル(拡張子は.kdbx)の互換性にあります。Windows、Mac、iOS、Android などのデバイスごとにリリースされている KeePass (とその類似ツール)間でデータファイルには互換性があるおかげで、普段は Windows を使っているが、たまに iPhone を使っている時に「あ、あのサイトに登録してたパスワードなんだっけ?」ということが起きても iPhone 上でこれを開くことが可能です。 Dropbox や OneDrive などのクラウドストレージ上に .kdbxのデータファイルを置いておき(データファイル自体が暗号化されているのでクラウドストレージに置くことにも不安はありません)使用する各デバイスで参照できるように設定しておけば、保存したパスワード情報をiPhone上で開くことができます。このマルチデバイスでの共有は非常に便利ですのでぜひご活用ください。

パスワードは複数の文字種を数多くランダムに使うことで強度が上がるものですが、人間には到底覚えられるものではありません。セキュリティを高めるためには、いろんなパスワードを覚えることをあきらめてパスワード管理ツールに頼るのが現実的となります。データファイルを開くためのパスワードを一つだけ覚えさえすれば、あとは強力なパスワードを使い放題であり、失われることもなく、暗号で保護されている上、様々なデバイス上で呼び出して使うことができるとなれば、これは使わない手はないでしょう。

類似のサービスとして 1Password や LastPass やトレンドマイクロのパスワードマネージャなどがありますが、これらは有料サービスです。上記でご紹介した KeePath は無料ソフトですのでどれだけたくさんのパスワードを保存しても無料で使うことができます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告