PCを囲んでレビューするとき便利なデスクトップ拡大ツール ZoomIt

ソフト開発の会社などでレビューをすることが多い人におすすめ情報です。

レビューでは登壇してパワーポイントをペラペラめくっていくような講演会スタイルはめったにありませんし、PullRequestを飛ばしてdiffを見ながらリモートで確認するようなモダンな会社は日本にはすくないことでしょう。(偏見失礼)

PCの画面を大きめのモニタに映して数人で囲んで内容説明をするようなシーンの方が日常的ではないかと思います。

このようなときに大いに力を発揮するツールに ZoomIt というのがあります。あまり知られていないですがなんとMicrosoft製のフリーソフトです。

ZoomItにできること

PCのデスクトップ拡大や、デスクトップに線を引いたり、文字を書き込んだりできます。

PC画面をみんなで囲んで見ている時に、「ここだよ、ここ」みたいにマウスでグリグリするよりも、そこを拡大してさらに赤枠で示してあげるほうがスマートですよね。目にも優しいし、説明が分かりやすくなると思います。

アプリ内のフォントサイズ拡大とは違って、デスクトップ全体に影響を及ぼしますのでそのとき画面に映っているものすべてが拡大の対象になります。

インストール

公式サイト
https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/zoomit.aspx

こちらから zoomit.exe をダウンロードしてきて、どこか適当な場所に保存してください。インストール作業は必要ありません。zoomit.exeを実行するだけでタスクバーに常駐して使えるようになります。また初回起動時の設定画面の下の方にある “Run ZoomIt When Windows Starts” のチェックボックスに印を入れると次回以降はスタートアップで起動してきます。

使い方1:ズーム

Ctrl+1 を押します。ちなみに設定画面はこちら。

2016-08-23 (4)

現在マウスカーソルがある位置を中心に、2倍サイズにデスクトップが拡大表示されます。

マウスホイールをクルクルすれば拡大率を変更できます。

拡大の中心はマウスカーソルに連動するので広大になったデスクトップをマウスで自在に動かすことができます。操作のイメージは Acrobat で PDF を大きく拡大してからの「手のひらツール」といえば分かりますでしょうか、あれに近い感覚です。

デスクトップ全体の拡大ですので邪魔なタスクバーを画面外に追いやることができ、見せたい部分のみバッチリ拡大表示してあげられます。

こちらの画像はブラウザ画面を拡大表示したのち「PrintScreen」キー単押しでとったコンテンツ上です。モニタ全体がこんな風になるのでさながらパワーポイントのスライド表示を彷彿とさせます。

2016-08-23

単なる拡大なので少しギザギザするのはご愛嬌ですが。当然ブラウザだけでなく、ExcelでもVisualStudioでも、デスクトップ画面上に表示できるアプリならすべて同様です。

ブラウザやテキストエディタだと自前で拡大表示できますが、たとえば VisualStudioのソリューションエクスプローラを大きく見せたいな、と思ったときなどに威力を発揮します。

普通なら拡大できない部分でも、ZoomItはデスクトップそのものを拡大してくれるのであらゆるものを引き伸ばして映すことができます。こちらはVisualStudioの画面を拡大したデスクトップ全体のスクリーンショットです。

2016-08-23 (2)

使い方2:線、矩形、フリーハンド、矢印 の描画

Ctrl+1でズームした状態からマウス左クリックすることで、マウス移動による位置の移動はストップして固定されます。代わりに赤い十字のマウスカーソルが出現します。この赤い十字カーソルのモードでは線を引くことができます。

Shiftキーを押しながら左クリック、マウス移動すると「直線」を書けます。
Ctrlキーを押しながら左クリック、マウス移動すると「矩形」を書けます。
Shift+Ctrlを押しながら左クリック、マウス移動すると「矢印」を書けます。
何も押さずに左クリック、マウス移動するとフリーハンドでの曲線を書けます。

いずれもデスクトップにオーバラップする形で書けますので、その時点で画面上に表示されているものに対しての書き込みです。アプリの上だろうが壁紙の上だろうがお構いなしにどこにでも書けてしまいます。

こちらの画像は赤線でVisualStudioの上に矩形や直線、矢印を書いてみたサンプルです。ちなみにここで”t”キーを押すとテキスト文字を書くこともできます。残念ながら日本語は書けないようです。

2016-08-23 (3)

パワーポイントではなくExcelやVisualStudioなどを使って人に画面を見せないといけないシーンで地味に使えるツールですのでぜひご活用いただければと思います。

なお、ここには紹介しませんでしたが、Ctrl+4で「LiveZoom」、Ctrl+2で描画ツール(拡大とかしてなくてもいきなり線を引ける)、Ctrl+3で全画面カウントダウン表示 といった機能もあります。詳しくは公式サイトや設定画面を参照ください。

Ctrl+2の設定

2016-08-23 (6)

Ctrl+3の設定

2016-08-23 (7)

Ctrl+4の設定
2016-08-23 (8)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告