Anker ウルトラスリムBluetoothワイヤレスキーボードを使ってみた

p1000308

AppleのMagicKeyboardを買おうかどうか迷ったのですが、少々お高かったので2000円弱で買えるAnkerのウルトラスリムBluetoothワイヤレスキーボードを買ってみました。

写真は箱と、それを開けたところです。綺麗に収納されています。

p_20160912_193603_vhdr_autop_20160912_193712_vhdr_auto

外観、軽さ

外観はすこしだけAppleのMagicKeyboardに似ています。が、似ているだけでタッチ感や静音性はさすがに全く届いておらず2000円にしてはずいぶん良いな、という程度に留まります。
現在この記事はAnkerキーボードをZenFone3にペアリングした状態で書いています。IMEにはGoogle日本語入力を使っています。少し慣れてきました。
写真を見ただけだとアルミのようにも見えるのですがプラスチック

です。実物に触ると一発でわかります。音はそれほど静音とは言えませんので周囲が静かな環境ならちょっと気になるかもしれません。でも静音ではないというだけで轟音ではありませんし、普通のキーボードより少々マシな程度には静かです。

p_20160912_193838_vhdr_auto

ペアリング

どうやらAppleのMagicKeyboardと同じでマルチペアリングは無理のようです。ZenFone3とペアリング後、iPadともペアリングしたところ、ZenFone3とはもう繋がらなくなりました。再度ZenFone3とペアリングし直す必要があります。
ただ、ペアリングの速さは十分早いのでやり直しにかかる時間は大したものではありません。

良いところ

Apple系のキーボードは Backspaceキーがついてないことが多いのですが、それだとWindowsユーザにとっては不便ですよね。このキーボードはあるべきところにBackspaceがあるので助かります。BackspaceがあるMac風キーボードってあまり候補がないので希少価値かもしれません。CapsLockとCtrlの位置を入れ替えることが出来たら更に良かったのですが、そういう機能はないようです。CtrlはAの横にあってほしいのですが。

本体裏に電源スイッチがあり、使わない時はOFFにできます。かばんの中に無造作に突っ込んでいてもキーが押しっぱなしになってバッテリ消費することがありません。持ち運びの事を考えている風でもあります。バッテリは単4の電池を2個です。単4のエネループで問題なく動作しました。

反応の速さ

高速にタイピングすると反応が遅れることがあります。これはBluetoothの外部キーボード全般に言えることなので別にこの機種がどうとか言うことではありませんが、やっぱりWindowsPCやMacbookを開いたほうが快適なタイピングができると実感します。少し使いづらいのはキーボードのせいではなく、スマホのせいなのですが。

まとめ

値段が値段ですし、触った感じの安っぽさは否定できません。おもちゃっぽいです。AppleのMagicKeyboardを触ってきたばかりだったこともあり、ちょっとあまり絶賛はできないです。とはいえ、スマホと合わせて持ち歩くことが全く苦にならないサイズと軽さは大きなメリットです。スマホと400円ぐらいのスタンドと、このキーボードをかばんに放り込んでも別に重くありません。冒頭の画像はこのセットです。

外出先で軽くアイデアメモなど書いたりするのにお手軽だとおもいます。RealForceやHHK、MagicKeyboardのような高級キーボードに触れてきたので低めの評価で書いてしまいましたが、リーズナブルに外部キーボードを使いたいなら選択肢の上位にランクできるものだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告