IoTとは?

「IoT」とは「Internet of Things」の略です。インターネットに接続するのはPC・スマホ・タブレットといったコンピュータでしたが、これからは「モノ」もインターネットに接続することを意味しています。

ここでいう「モノ」とは実際にありとあらゆるモノにその可能性が広がっていますが、現時点においてはカメラ・マイク・センサー類が多いようです。コンピュータを介さず直接モノがインターネットへ情報を流し、他のデバイスや、PCや、クラウド上のアプリケーションなどと連携できるのです。

「コンピュータを介さず」と言いましたが、厳密にいえば「モノ」にコンピュータが内蔵されています。IoTで使われる「モノ」は、電子データを取り扱うことができて有線・無線の通信機能を持っています。

最近では、非常に小さくて電力消費の少ないデバイスが出てきていますので、世界中あちこちに取り付けられてきています。デバイスが発するデータは単純なものが多いのですが、それらが発信する大量の情報はビッグデータとなり、適切な意味解析をすることで二次的な価値をも生みだされることで注目が集まっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告